アゲート(瑪瑙)- Agate

色彩の変化が素敵な石英の集まり

アゲート[瑪瑙(めのう)]の基礎データ・鉱物学データなど

アゲートは微細な石英の結晶が集まってできたもので、色むらが少なく一定のものをカルセドニー、縞模様などが存在するものをアゲートと読んで区別している。アゲートの由来はシチリア島にあるアカーテという川のほとりで発見されたことから。和名では「瑪瑙(めのう)」と呼ぶが馬の脳のような模様に見えたからという。その性質から染色しやすい。

英語名Agate
化学組成SiO2
縞模様でいろいろな色の組合せ
代表イメージ色カラーコード:#BD6848
RGB | R189 G104 B72
HSV | H16 S62 V74
色相:16赤
彩度:62
明度:74
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.57-2.64 (掲載中順位:125位/171)
屈折率1.540-1.550
市場価値アゲートの市場価値 安価で手に入る(一般的な感覚です)
レア度アゲートのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢,樹脂光沢
対応チャクラ
石言葉解放、寛容
主な原産ブラジル・アフリカ・アメリカなど

アゲート(瑪瑙)のパワーストーン効果・意味・価値

パワーストーンは加工していない天然のものに価値が宿るというのが普通ですが、このアゲート(瑪瑙・めのう)は石英の集合体ということから多孔質で染色がしやすいというのが特徴。芸術的に染め上げたもののほうが調度品として価値が上がるとして古くから職人の材料として愛用されてきました。石としての価値としては「周囲に対する適用力」という点でマルチタレント的な要素があります。色や形によってパワーが異なりますが、何にでも使えるということで実用性の高い石ですね。

アゲート(瑪瑙)のヒーリング効果

  • 人間関係の結びつき
  • グループ作業のシンボル
  • 家族関係の修復
  • 社会関係の適用

アゲート(瑪瑙)のアクセサリー・アイテム

その特徴から素敵なカラーリングが可能な瑪瑙(アゲート)は古くから印章などに用いられてきました。瑪瑙のハンコは有名すぎるほどです。装飾品としては扱いやすく初心者におすすめのパワーストーンです。ただし、天然的な力を求める人にとってはアゲートは避ける人が多いかもしれません。

アゲート[瑪瑙(めのう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

紫外線に弱いものあり、色合いにより加工処理が違うので注意

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

アゲート[瑪瑙(めのう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

人間関係の成長、何色にでも染まる力

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら