ラリマー(曹珪灰石)- Larimar

自然環境の平和も含めたネイチャークリスタル

ラリマー / ブルーペクトライト[ソーダ珪灰石(曹珪灰石)(そーだけいかいせき(そうけいかいせき))]の基礎データ・鉱物学データなど

化学成分上では、珪灰石にソーダと水酸基が含有されたもの。発見されてからまだそれほど経ってない新鉱物類。

名前の由来:発見した地実学者の娘『ラリッサ』とスペイン語で"海"を意味する『マール』を組み合わせたことに由来。鉱物名はペクトライトで色からブルーペクトライトと呼ぶ。『アトランティス・ストーン』『ドルフィン・ストーン』といった別名を持つ。

英語名Larimar
化学組成NaCa2A(Si3O8OH)
無色、白色、灰色、青色、ピンク色、淡黄色など
代表イメージ色カラーコード:#7ec4dc
RGB | R126 G196 B220
HSV | H195 S43 V86
色相:195青緑
彩度:43
明度:86
硬度4.5-5.0 (掲載中順位:114位/171)
比重2.74-2.88 (掲載中順位:81位/171)
屈折率1.600-1.630
市場価値ラリマーの市場価値 高めだが手に入る(一般的な感覚です)
レア度ラリマーのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系三斜晶系三斜晶系
へき開二方向に完全
じょうこん
光沢ガラス光沢,絹糸光沢
対応チャクラ
石言葉愛と平和の象徴
主な原産ドミニカ共和国など

ラリマー(曹珪灰石)のパワーストーン効果・意味・価値

綺麗な海を思わせる色と模様は「強力な癒やし」と自然への感謝の念から愛と平和の象徴とされる。心を広く持ちたいという方にオススメしたい。またインスピレーションを高める効果もあるとされるという。「スギライト」「チャロアイト」と共に世界三大ヒーリングストーンの一つとされている。

ラリマー(曹珪灰石)のヒーリング効果

  • 愛と平和の石
  • 自然環境への理解
  • インスピレーションが湧く
  • 心身のリラックス

ラリマー(曹珪灰石)のアクセサリー・アイテム

原石、ブレスレット、ペンダント、丸玉など。パワーストーンショップで他の石と並んでいると独特な色合いに見惚れる人も多いラリマー。そのヒーリング効果は他の石よりも強いとされるので、見た目通りの効果を発揮するだろう。

ラリマー / ブルーペクトライト[ソーダ珪灰石(曹珪灰石)(そーだけいかいせき(そうけいかいせき))]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
-----

直射日光に弱い。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

ラリマー / ブルーペクトライト[ソーダ珪灰石(曹珪灰石)(そーだけいかいせき(そうけいかいせき))]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
-----

愛と平和を意識したい時に

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら