アベンチュリン(砂金水晶・砂金石英)- Aventurine

緑色の水晶。アベンチュレッセンス

アベンチュリン[砂金水晶・砂金石英(さきんすいしょう・さきんせきえい)]の基礎データ・鉱物学データなど

アベンチュリンは石自体の呼び名ではなく光学現象の「アベンチュレッセンス」を指し、鉱物などの小片が混ざり合うことでキラキラと輝く現象。緑色の水晶のイメージが市場では強くなり緑色の石英「石英中にクロム白雲母(フクサイト Fuchsite)の細片」をアベンチュリンとしている場合が多い。 元は赤鉄鉱(ヘマタイト)や褐鉄鉱(ゲーテ石)を含んだ赤色~赤褐色の石英(砂金水晶)を指すことが多かったが産出量がすくなく天然のものは希少。

名前の由来:イタリア語で「偶然に起こったこと」を意味している「アベンチュラ」から。光学効果の「アベンチュレッセンス」の語源のもとにもなっている。

英語名Aventurine
化学組成SiO2
緑色など
代表イメージ色カラーコード:#0c553c
RGB | R12 G85 B60
HSV | H159 S86 V33
色相:159緑
彩度:86
明度:33
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.64-2.69 (掲載中順位:100位/171)
屈折率1.540-1.550
市場価値アベンチュリンの市場価値 安価で手に入る(一般的な感覚です)
レア度アベンチュリンのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉直感力、気づき、疲労回復
主な原産インド・ネパール・ブラジルなど

アベンチュリン(砂金水晶・砂金石英)のパワーストーン効果・意味・価値

水晶の中でも緑色に輝くという珍しさがある。精神安定の効果があり人間関係の緊張を解いて良好にしてくれる。森林を思わせるような色合いから樹木の生き生きとした活力としても使われる。風水含め、石の中では重宝される色合いを持つ。

アベンチュリン(砂金水晶・砂金石英)のヒーリング効果

  • 人間関係を良好にする
  • 洞察力・包容力を持つ
  • 自律神経を整える
  • ストレス緩和
  • 樹木のような自然エネルギー

アベンチュリン(砂金水晶・砂金石英)のアクセサリー・アイテム

ブレスレット・ペンダント・タンブルなどいろいろなものに活用。希少価値自体はそれほど高くないことから初心者の緑色のパワーストーンとして親しみやすい。安価なアイテムかもしてないが、パワーストーン入門として初期の頃に手にしてみて欲しい。

アベンチュリン[砂金水晶・砂金石英(さきんすいしょう・さきんせきえい)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

比較的強い石。すべての浄化方法が可能

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

アベンチュリン[砂金水晶・砂金石英(さきんすいしょう・さきんせきえい)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

人間関係の向上

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら