オパール(蛋白石/たんぱくせき)-Opal

創造性、芸術性を高める不思議な魅力。七色の発想力

オパール[蛋白石(たんぱくせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

水中で岩石の隙間などにケイ酸の粒(シリカ球)が蓄積して形成される。成り立ちから水晶よりも水分が多く柔らかいのが特徴。また見る角度から色が変わる遊色効果が他の石とは差別化できる部分。

名前の由来:古代インドのサンスクリット語で貴重な石を意味する「ウパラ」。 その後ギリシャ語で「色の変化を見る」という意味の「オリパス」に、ラテン語で「尊い石」や「宝石」の意味を持つ「オパルス」に変化

英語名Opal
化学組成SiO2・nH2O
白に複数の色が混ざる
代表イメージ色カラーコード:#b4ddc0
RGB | R180 G221 B192
HSV | H138 S19 V87
色相:138緑
彩度:19
明度:87
硬度6.0 (掲載中順位:96位/171)
比重2.10 (掲載中順位:159位/171)
屈折率1.420-1.470
市場価値オパールの市場価値 高価で手に入る(一般的な感覚です)
レア度オパールのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系非結晶非結晶
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢,樹脂光沢
対応チャクラ
石言葉才能開花、想像力を高める
誕生石10月
主な原産オーストラリア、メキシコなど

オパール(蛋白石/たんぱくせき)のパワーストーン効果・意味・価値

水晶と同じケイ素成分に水中のタンパク成分が混ざり合っているという不思議な石で、その遊色効果から見ていても不思議な感覚になる。そこからエナジードリンクのような、いい意味でも悪い意味でもブーストするような効果があり、そこから才能開花と言われることもあったり、悪いときには不幸を招く石ともされる。そのため、その効果を出す時(石を表に出す時)が非常に重要。とにかく良い時のブースト剤ならオッケーと覚えておきたい。

オパール(蛋白石/たんぱくせき)のヒーリング効果

  • 内面の才能開花に
  • 創造性を高める
  • いい意味で変化したい時、悪い変化になりそうなら別の石に
  • 自由の象徴

オパール(蛋白石/たんぱくせき)のアクセサリー・アイテム

遊色効果が不思議な魅力を持つ石。オパールはリング、ネックレスなどどんなアクセサリーでも使えるが正直表に出しどころが難しいイメージ。創造性を掻き立てたくて、それがうまく行きそうな時にオパールの七色な発想力の手助けを得たいところ。孤独な(自由な)創作活動をしていて、オパールのアクセサリーを付けるとうまく行きそうなら力を借りたいところで、あまり人に魅せるような雰囲気はない。

潜晶質という性質上、人工的に作られる合成オパールも多く流通している。オパールが宝石として人気が高いということから需要が高く、また人工的に素晴らしい色合いが作れてしまうためこういった事が起きる。天然物が良いのか、人工物でも素晴らしい色合いを楽しみたいのかで取得したい。

宝石店でもオパール専門店ができるほど奥が深い。また遊色効果の特殊性からか世界中でそれぞれの意味合いを持たせて人気が高い。

オパール[蛋白石(たんぱくせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

長時間太陽に照らすと変質の恐れあり。乾燥・高温も避けたい。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

オパール[蛋白石(たんぱくせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
---

明るいエネルギーを持つので状況が良い時にブーストの意味で使いたい

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら