チャロアイト(チャロ石)- Charoite

世界三大ヒーリングストーンの一つ

チャロアイト[チャロ石(ちゃろせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

油彩画のような質感を持つ芸術的な印象を持つ石で、この不思議な模様は、黒色:エジリン(Aegirine 錐輝石)、帯状の灰色:マイクロクリン(Microcline 微斜長石)、白色:カリ長石(Potassium Feldspar)、黄緑色:カナサイト(Canasite)、淡黄色:ティクナクサイト(Tinaksite)などの鉱物が、マーブル状に混ざりあうこ とから成り立っています。薄紫色の彩色は不純物のマンガンに起因します。

名前の由来:シベリアのチャロ川流域で発見された事とする説と、ロシア語の(Charo 魅惑)から名づけられたという説があります(後者が有力)

英語名Charoite
化学組成(K,Na)5(Ca,Ba,Sr)8[(OH,F) | Si6O16 | (Si6O15)2]・nH2O
紫色と白色、黒色のマーブル模様
代表イメージ色カラーコード:#8c74bc
RGB | R140 G116 B188
HSV | H260 S38 V74
色相:260紫青
彩度:38
明度:74
硬度5.0-5.5 (掲載中順位:108位/171)
比重2.54-2.68 (掲載中順位:101位/171)
屈折率1.550-1.559
市場価値チャロアイトの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度チャロアイトのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系単斜晶系単斜晶系
へき開明瞭
じょうこん
光沢ガラス光沢,絹糸光沢
対応チャクラ
石言葉癒し、浄化、魅惑
主な原産ロシア・サハ共和国

チャロアイト(チャロ石)のパワーストーン効果・意味・価値

「スギライト」や「ラリマー」と同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石。その浄化効果は強力とされてヒーラたちに人気のある石です。紫色は浄化の他に魅惑の要素を含んでおり、見る人を魅了するような力もあります。どちらかというと身体の癒しよりも精神的な癒しが強いと思っておいたほうが良いでしょう。 恐怖や不安を鎮める効果がありますので、いつも言いようもない不安を感じている方にオススメです。

チャロアイト(チャロ石)の主なヒーリング効果

  • 恐怖や不安の解消
  • 強い浄化能力
  • 魅力・人徳を高める

チャロアイト(チャロ石)のアクセサリー・アイテム

ブレスレットやネックレス、イヤリング、ペンダントといった身につけるアイテムが多いです。丸玉も見ているだけでうっとりするのでお薦めできます。なかなか効果の強いパワーストーンとされていますので、人生の転機に用意して、その不安を取り除くのに良さそうです。

チャロアイト[チャロ石(ちゃろせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
-----

丁寧に取り扱うのを推奨。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

チャロアイト[チャロ石(ちゃろせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
----

人生の転機に強力な力がほしい時

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら