クリソコラ(珪孔雀石)- Chrysocolla

自然とのつながりを強める地球的パワーストーン

クリソコラ[珪孔雀石(けいくじゃくせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

金の精製に使われたことからギリシャの哲学者テオフラストスが金「chrysos」と膠(にかわ)「kolla」を組み合わせて命名。他の鉱物を含むことで青色をベースに様々な模様を表す。日本では珪孔雀石として孔雀色の扱い。

英語名Chrysocolla
化学組成Cu4H4[(OH)8|Si4O10]・nH2O
青色~緑色
代表イメージ色カラーコード:#0bb2c8
RGB | R11 G178 B200
HSV | H187 S95 V78
色相:187青緑
彩度:95
明度:78
硬度2.0-4.5 (掲載中順位:123位/171)
比重2.80-3.20 (掲載中順位:54位/171)
屈折率1.460-1.570
市場価値クリソコラの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度クリソコラのレア度 一般(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系斜方晶系斜方晶系
へき開完全
じょうこん--
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉芸術性の開花、繁栄、思いやり
主な原産ペルー、アメリカなど

クリソコラ(珪孔雀石)のパワーストーン効果・意味・価値

その地球のような模様から自然の摂理のエネルギーに従い行動できるようになれると言われている。生活リズムの改善、自然との暮らしなど特に現代人にとってはバランスを崩しやすいことの調整作用がある。マイナスイオンが流行っていたりするが、クリソコラのマイナスエネルギー浄化作用も期待できる。ターコイズとも似ているが、古くはターコイズ、最近ではクリソコラが自然との繋がりを強める石として移ってきている模様。

クリソコラ(珪孔雀石)のヒーリング効果

  • 自然とのつながりを整える
  • ストレス発散
  • 体内時計の改善・不眠症の改善
  • 自然芸術的な才能開花

クリソコラ(珪孔雀石)のアクセサリー・アイテム

原石の他、ペンダント、ブレスレットなど。ただし身につけるものは壊れやすく変質しやすいことから加工処理(樹脂浸透)されていることが多い。どちらかというと身につけるよりもいい状態で保管できる置き物系として重宝したい。

クリソコラ[珪孔雀石(けいくじゃくせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

衝撃に弱いので取り扱い注意。処理しているものが多く浴水はオススメできない

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

クリソコラ[珪孔雀石(けいくじゃくせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

自然とのつながり

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら