ゾイサイト(灰簾石)- Zoisite

豊富な色合いに変化する歴史の浅い鉱物

ゾイサイト[灰簾石(黝簾石)(かいれんせき(ゆうれんせき))]の基礎データ・鉱物学データなど

ケイ酸塩鉱物の鉱物。様々な色があり別名でそばれることが多い。クロムを含む緑色はアニョライト。ピンク色はチューライト。そして透明感があり輝いているものはタンザナイトなど。結晶系が正方晶系ということから緑簾石「エピドート」グループ(単斜晶系が定義の一つにされる)から外れることになる。

名前の由来:スロベニアの科学者「ジグムント・ゾイス」から

英語名Zoisite
化学組成Ca2Al3(SiO4)(Si2O7)O(OH)
緑、青、ピンクなど
代表イメージ色カラーコード:#4c8a6f
RGB | R76 G138 B111
HSV | H154 S45 V54
色相:154緑
彩度:45
明度:54
硬度6.0-7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重3.15-3.38 (掲載中順位:40位/171)
屈折率1.696-1.700
市場価値ゾイサイトの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度ゾイサイトのレア度 一般(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系正方晶系正方晶系
へき開一方向に完全
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉包容力
主な原産タンザニア(主にタンザナイト)、ケニア(主にアニョライト)、ノルウェー(主にチューライト)など

ゾイサイト(灰簾石)のパワーストーン効果・意味・価値

ゾイサイトは珪酸塩鉱物の一種で比較的新しく知られている鉱物名。色合いによって別名で呼ばれパワーストーンとしても別名の方が認知が高い。マンガンを含んでピンク色のものをチューライト。バナジウムを含み紫色に煌めくものをタンザナイト。透明感はあまりない緑色のものをアニュライトまたはゾイサイトと呼ぶ、緑色の中に多くはルビーを含んでいるのでルビーインゾイサイトと呼んだり、赤と緑が混ざったものをアニュライトとしていたりゾイサイトと呼んだりと様々。色合いによってパワーの違いはあるものの基本として「包容力」「調和」や霊力の強さを感じることが出来る。

ゾイサイト(灰簾石)のヒーリング効果

  • 霊的な力
  • 色合いによって様々な効果
  • 調和と包容力

ゾイサイト(灰簾石)のアクセサリー・アイテム

タンザナイトは宝石としてリングやペンダントなどに、グリーンゾイサイトはパワーストーンとしてブレスレットや丸石などのアイテムが豊富です。一般的にゾイサイトで探すとルビーインゾイサイトのことを指す場合も多い模様です。原石で赤と緑の混ざる不思議なカラーリングを楽しむ方も多い石ですね。なかなか自然界でこの色は見ることがないので霊的能力を感じるのも無理はないでしょう。

ゾイサイト[灰簾石(黝簾石)(かいれんせき(ゆうれんせき))]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

水以外の浄化方法で

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

ゾイサイト[灰簾石(黝簾石)(かいれんせき(ゆうれんせき))]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

色合いにより異なる

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら