シュンガイト(シュンガ石)- Shungite

天然フラーレン(C60炭素)を有する唯一の鉱物

シュンガイト / シュンギット[シュンガ石(しゅんがせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

シュンガイトは地球で唯一の、グラファイトやダイヤモンドと同じ炭素の同素体の一つであるフラーレンを含む鉱物。特徴的な構造が、気体の吸蔵や超伝導性、潤滑性、触媒性などの特性を示すため、様々な分野で注目を浴びています。このC60炭素フラーレンは発見者がノーベル化学賞を受賞しています。

名前の由来:産地であるカレリア共和国のシュンガに由来

英語名Shungite
化学組成C
黒色、銀黒色
代表イメージ色カラーコード:#5d5553
RGB | R93 G85 B83
HSV | H12 S11 V36
色相:12赤
彩度:11
明度:36
硬度3.5-4.0 (掲載中順位:130位/171)
比重1.84-1.98 (掲載中順位:161位/171)
屈折率--
市場価値シュンガイトの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度シュンガイトのレア度 専門(一般的な感覚です)
鉱物学分類元素鉱物
結晶系非結晶非結晶
へき開--
じょうこん--
光沢金属光沢
対応チャクラ
石言葉自然治癒力
主な原産カレリア共和国(ロシア)

シュンガイト(シュンガ石)のパワーストーン効果・意味・価値

パワーストーンというよりはどちらかというと産業的活躍が期待されている石になります。単純に活性炭素の除去、細胞の活性化・正常化の効果があるとして産業活用されそうな状況です。いわゆるレアメタル的な感覚ですね。成分は「C炭素」ですので、水の浄化、空気の有害物質の吸着などに優れています。

シュンガイト(シュンガ石)の主なヒーリング効果

  • 周りの環境の浄化
  • 細胞の活性化
  • 治癒力の向上

シュンガイト(シュンガ石)のアクセサリー・アイテム

あまりアクセサリーとしては流通しづらいようですが、ブレスレットやネックレスが健康アイテム的な効果も含めて期待されています。原石や置き物として空気の浄化や水の浄化としてなど産業的な活躍も期待されて海外ではかなり浸透している部分もあります。

シュンガイト / シュンギット[シュンガ石(しゅんがせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
-----

炭に似た感じなので、黒色の粉が付きやすい

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

シュンガイト / シュンギット[シュンガ石(しゅんがせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

医療的効果

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら