ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]- Lava stone

溶岩が冷えて固まった絆の石

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

火山噴火によってマグマが地表に噴出し、急速に冷やされて固まった石。急速に冷えることで穴が空いていて想像以上に軽い。

名前の由来:lavaはもともとイタリア語で「濁流」の意味

英語名Lava stone
化学組成SiO2を主成分とする
代表イメージ色カラーコード:#28282a
RGB | R40 G40 B42
HSV | H240 S5 V16
色相:240紫青
彩度:5
明度:16
硬度3.5-4.0 (掲載中順位:130位/171)
比重2.30-2.50 (掲載中順位:144位/171)
屈折率--
市場価値ラバストーンの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度ラバストーンのレア度 一般(一般的な感覚です)
鉱物学分類その他
結晶系その他その他
へき開なし
じょうこん不明
光沢その他光沢(光沢なしなど)
対応チャクラ
石言葉勇敢、結束
主な原産インドネシア、イタリア、 中国など

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]のパワーストーン効果・意味・価値

火山地域で見られる溶岩が急速に冷えて出来る岩石。黒色で無数の穴が空いていることが特徴。また見た目よりも軽い。急速に固まってできているということから「絆の固さ」の力があるとして「火山地帯のお土産」などで人気。実際、火山近くでしか見られないものなので、普段から自然の力を感じたい人は手に入れたい。 遠赤外線効果や、毒素の吸収効果もあるとして、岩石風呂や熱帯魚などの水槽の石としても有名。

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]のヒーリング効果

  • 絆を強める(チームワーク、良好な関係)
  • 夫婦円満
  • 遠赤外線による血流アップ、温浴効果
  • 毒素吸収

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]のアクセサリー・アイテム

小さいビーズをネックレスにしたりブレスレットにしている物が多い。ただ、黒くてゴツゴツしているのでキラキラしたものが好きな方には合わない可能性。他のキラキラした石とも個人的には組み合わせが悪いと感じるので、あまりアクセサリー目的ではオススメしない。 大きめの石をマッサージ用にしたり、お守りとして、または毒素吸収として玄関とかに置いたりするほうが使い勝手としては良さそう。

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

絆を強める。夫婦円満など

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら

ラバストーン / ラーヴァ[溶岩石(ようがんせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

それほど固くないので取り扱いに注意。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して