銅(自然銅)- Native Copper

自然金属鉱物の中では大地属性と言われる

銅 / カッパー[自然銅(しぜんどう)]の基礎データ・鉱物学データなど

銅線や10円玉など産業的にも馴染み深い鉱物。赤茶色を帯びているが、風化によって緑色にもなる。

名前の由来:銅の主要生産地はキプロス(cyprus)後に(cuprum)という島から。元素記号の「cu」はこのラテン語の最初の2文字。銅をブロンズというときもあるが、あちらは青銅で錫などを含む合金。

英語名Native Copper
化学組成Cu
銅赤色
代表イメージ色カラーコード:#b87333
RGB | R184 G115 B51
HSV | H29 S72 V72
色相:29黄赤(橙)
彩度:72
明度:72
硬度2.5-3.0 (掲載中順位:153位/171)
比重8.90 (掲載中順位:5位/171)
屈折率--
市場価値銅の市場価値 安価で手に入る(一般的な感覚です)
レア度銅のレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類元素鉱物
結晶系立方晶系(等軸晶系)立方晶系(等軸晶系)
へき開なし
じょうこん銅赤色
光沢金属光沢
対応チャクラ
石言葉向上心
主な原産世界各地

銅(自然銅)のパワーストーン効果・意味・価値

様々な製品に使われる銅は赤茶色が特徴的。10円玉のイメージが強い人も多いだろう。他にもマグカップ・台所製品などに使われることが多いが、それぐらい酸化力や熱伝導率、電気の伝導率でシンプルに使える金属の代表。鉱物標本としても赤茶色の輝きと、緑色が美しく精神安定やインスピレーションに良いとされる。

銅(自然銅)のヒーリング効果

  • 向上心を持たせる
  • インスピレーションを生む
  • 精神を安定される

銅(自然銅)のアクセサリー・アイテム

アクセサリーとしては同じ金属鉱物に「金」「銀」といったサビなどにも強く美しさを保つ鉱物があるため扱われにくいです。産業的に使われることが多い他、装飾品としては古くから重宝されてきました。市販で売っているものは実用的な銅鍋やマグカップといった銅加工したものが多いですね。一方、標本鉱物としても収集家からは人気が高いです。身につけることはないかも知れませんが、置き物として結構愛着がわきます。ただし、錆びやすいのでメンテナンスは必要です。錆びないような表面加工している場合も多いです。

銅 / カッパー[自然銅(しぜんどう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
-----

簡単に錆びるので注意。水は錆びる原因。より酸化力のあるものにつけるとサビは取れる。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

銅 / カッパー[自然銅(しぜんどう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

金属鉱物の中では精神安定に良いとされる

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら