シトリン(黄水晶)- Citrine

商売繁盛、豊かな富、幸せの黄色いパワー

シトリン[黄水晶(きすいしょう)]の基礎データ・鉱物学データなど

黄色や褐色をした石英。アメシストは微量の鉄分で紫色になったものだが、シトリンも微量の鉄イオンで黄色を帯びたもの。市場に流通しているものは加熱作用で黄色く加工したものが多い。名前は柑橘類のシトラスに由来。

名前の由来:フランス語でレモンを意味する「シトロン(Citron)」から。シトロンはインド原産のミカン科の植物でその実が非常に似ていた模様。

英語名Citrine
化学組成SiO2
黄色、帯褐黄色
代表イメージ色カラーコード:#E9BE4E
RGB | R233 G190 B78
HSV | H43 S67 V91
色相:43黄赤(橙)
彩度:67
明度:91
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.60-2.65 (掲載中順位:103位/171)
屈折率1.544-1.553
市場価値シトリンの市場価値 高めだが手に入る(一般的な感覚です)
レア度シトリンのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉商売繁盛、富を呼ぶ
誕生石11月
主な原産ブラジル、インド、チリ、ベトナム、ロシアなど

シトリン(黄水晶)のパワーストーン効果・意味・価値

水晶の中でも黄色を帯びたものから金運パワーのイメージが強く古くから「商売繁盛」「富」「幸運の石」として親しまれている。新しい事業を始める時のお守りとしても最適。太陽エネルギーの強さから元気を呼ぶ石としても最適。明るい気持ちになりたい時に。ヒーリング力も強く「黄色」の石というのはパワーストーンの中でも人気が高い。

シトリン(黄水晶)のヒーリング効果

  • 金運
  • 商売繁盛
  • 幸運
  • 希望(元気が出る)

シトリン(黄水晶)のアクセサリー・アイテム

水晶に属する中でも黄色色を帯びたもので、これは加熱処理などで色が出せることから天然なものは少なく加工処理しているものが殆ど。天然物はやや緑色が掛かっている。トパーズと混同されやすく、シトリンかどうかは比重を調べればすぐ分かる。アクセサリーとしてはブレスレットなど身につけるものも良いし、原石からパワーを貰うこともできる代表的パワーストーンの一つです。

シトリン[黄水晶(きすいしょう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

太陽光に弱いので長時間てるのは避けたい。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

シトリン[黄水晶(きすいしょう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
----

金運のパワーアップとして。イライラを鎮める効果も

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら