アメトリン(紫黄水晶)- Ametrine

アメシストとシトリンの奇跡の調和!?

アメトリン[紫黄水晶(しおうすいしょう)]の基礎データ・鉱物学データなど

紫水晶アメシストと黄水晶シトリンが混ざり合った希少な宝石。

英語名Ametrine
化学組成SiO2
淡い紫&黄色
代表イメージ色カラーコード:#926a89
RGB | R146 G106 B137
HSV | H314 S27 V57
色相:314赤紫
彩度:27
明度:57
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.65 (掲載中順位:103位/171)
屈折率1.544-1.553
市場価値アメトリンの市場価値 高めだが手に入る(一般的な感覚です)
レア度アメトリンのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん白色
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉光と影、調和、安定
主な原産ボリビア アナイ鉱山

アメトリン(紫黄水晶)のパワーストーン効果・意味・価値

宝石界でも有名な紫水晶アメシストと黄水晶シトリンが混ざり合う希少水晶。もともとアメシストは加熱処理で黄色くなるために天然での産出なのか?人工処理を加えたものなのか?判断が難しい。ボリビアで採掘がたくさん出来たことから調べたところ特殊な結晶構造、アルミニウム、水素イオン、鉄イオンの濃度差や地中の天然放射線の影響で自然に2色の調和が取れたものがあるとされています。効果としては正に絶妙なバランス感覚や調和(ハーモニー)の効果があるとされています。音楽家などに良い影響を与えそうですね。

アメトリン(紫黄水晶)のヒーリング効果

  • 調和の感性を高める
  • 浄化作用(水晶)
  • 自律神経の改善

アメトリン(紫黄水晶)のアクセサリー・アイテム

ブレスレットや丸玉、リングなど様々なアクセサリーが流通していますが、鑑定書や産地がはっきりしていないものは人工着色されたものと考えたほうが良さそうです。この貴重なハーモニーのパワーを体験したいという方は、しっかりとした販売体制があって信頼の置けるショップから購入してください。パワーストーンというよりは宝石感覚です。 なお、人工着色処理を否定するつもりもありません。処理を加えたものだと認識して、そのカラーリングが素晴らしければ天然石に加工した程度ですので、そのハーモニーの良さは体感できると思います。

アメトリン[紫黄水晶(しおうすいしょう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

長時間の直射日光は退色により変質の恐れあり。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

アメトリン[紫黄水晶(しおうすいしょう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

調和、バランス(自律神経の乱れ改善)

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら