ワーベライト(銀星石)- Wavellite

変革の石。流れを読む力

ワーベライト[銀星石(ぎんせいせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

リン酸塩鉱物のひとつであり、主に燐灰石が変化してできる二次鉱物。放射状集合や球状集合になっているものが多く、断面は劈開面から放射状の光沢を放つのが特徴。

名前の由来:イギリスのデヴォンで医師のウィリアム・ワーベル(William Wavell (1750年 - 1829年) )により発見されたことから

英語名Wavellite
化学組成Al3(PO4)4(OH,F)3・5H2O
無色、白色、緑色、青色、黄色など
代表イメージ色カラーコード:#b4bcad
RGB | R180 G188 B173
HSV | H92 S8 V74
色相:92黄緑
彩度:8
明度:74
硬度3.5-4.0 (掲載中順位:130位/171)
比重2.36 (掲載中順位:151位/171)
屈折率1.540
市場価値ワーベライトの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度ワーベライトのレア度 専門(一般的な感覚です)
鉱物学分類リン酸塩鉱物
結晶系斜方晶系斜方晶系
へき開完全
じょうこん白色
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉直感力、洞察力、意志力、前向き
主な原産イギリス、アメリカ、チェコ、ボリビアなど

ワーベライト(銀星石)のパワーストーン効果・意味・価値

生成の仕方から放射状の模様が現れたり、葡萄状で現れたりする。石英の表面に打ち上げ花火のようになっているのが非常に美しいとされる。和名の銀星石も夜空の星に見立てたのだろう。パワー的には直感力やひらめきアップに良いとされ、パワーストーンとしてよりかは鉱物愛好家にとってはコレクターアイテムの一つに名高い。

ワーベライト(銀星石)の主なヒーリング効果

  • 直感力
  • ひらめき
  • 本質の呼び覚まし

ワーベライト(銀星石)のアクセサリー・アイテム

流通しているのは殆どが原石。その模様の出方は多様で天然石に何一つ同じものがないというのを感じさせられる。葡萄状が綺麗という方と、放射状が綺麗という方がいるが個人的には放射状に模様が出ている方が好き。写真で見るとあまり光ってきれいに見えないのが残念で、写真よりも実物が素敵と感じるアイテム。

ワーベライト[銀星石(ぎんせいせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

水や湿気に弱い。音の浄化が良さそう

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

ワーベライト[銀星石(ぎんせいせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

直感やひらめきを高めたい時に

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら