アレキサンドライト- Alexandrite

皇帝の名が付く宝石、変色効果が強いほど貴重

アレキサンドライト[アレキサンドライト(あれきさんどらいと)]の基礎データ・鉱物学データなど

鉱物学ではクリソベリル(金緑石)。特徴としては色々な環境下によって変色効果がある。自然光では緑や青に、白熱電球の下では赤に光ったりする。さらにキャッツアイが入っているものはかなり希少。

名前の由来:ロシア帝国皇帝の息子、アレキサンドル2世の名前から。

英語名Alexandrite
化学組成BeAl2O4
緑~青、変色効果
代表イメージ色カラーコード:#884466
RGB | R136 G68 B102
HSV | H330 S50 V53
色相:330赤紫
彩度:50
明度:53
硬度8.5 (掲載中順位:5位/171)
比重3.73 (掲載中順位:28位/171)
屈折率1.746-1.755
市場価値アレキサンドライトの市場価値 入手困難(一般的な感覚です)
レア度アレキサンドライトのレア度 専門(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系斜方晶系斜方晶系
へき開二方向に明瞭
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉秘めた思い、情熱、誕生、高貴
誕生石6月
主な原産ロシア、ブラジル、スリランカ、タンザニア、ジンバブエ、ミャンマー、インドなど

アレキサンドライトのパワーストーン効果・意味・価値

自然光によって変色効果がよく出るクリソベリルをアレキサンドライトと呼び、ロシア皇帝アレクサンダー2世の名前が由来となっている。その七変化の色合いから転機の石と呼び、希少なパワーを持つとされる。人生の大転機が訪れた時に、その称号としてふさわしい石。

アレキサンドライトのヒーリング効果

  • 人生の大転機に
  • 栄誉の象徴として
  • クリエイティブな仕事に

アレキサンドライトのアクセサリー・アイテム

世界的にも希少な石の一つで、かなり高価で手に入りにくい。大きな粒を手に入れにくいことから小粒でもその変色効果が楽しめるリングがオススメ。もしくはペンダントにも使えるが、なかなか手に入らないと心得たい。

アレキサンドライト[アレキサンドライト(あれきさんどらいと)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

どの方法でも浄化可能

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

アレキサンドライト[アレキサンドライト(あれきさんどらいと)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
-----

人生の転機に

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら