カンゴーム(茶水晶)- Cairngorm

モリオンとスモーキークォーツの中間色、バランス含む

カンゴーム / ケアンゴーム[黒水晶(茶水晶)(くろすいしょう(ちゃすいしょう))]の基礎データ・鉱物学データなど

パワーストーン・鉱物の中でも代表格の水晶です。その中でも微量のアルミニウムが放射性鉱物などの影響を受けて黒色に発色します。薄い褐色をスモーキークォーツ(煙水晶)、光を通す黒っぽい褐色をケアンゴーム(茶水晶)、そして殆ど光を通さない不透明な黒色をモリオンと区別しています。モリオンとカンゴームはライトを当てたときの光の透過具合で分けていますが、完全な区別の基準はないようです。

名前の由来:スコットランドのカンゴーム山脈から(算出される山脈)

英語名Cairngorm
化学組成SiO2
黒茶
代表イメージ色カラーコード:#493c31
RGB | R73 G60 B49
HSV | H28 S33 V29
色相:28黄赤(橙)
彩度:33
明度:29
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.65 (掲載中順位:103位/171)
屈折率1.540-1.550
市場価値カンゴームの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度カンゴームのレア度 上級(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉魔除け、邪気払い
主な原産ブラジル、中国、イギリスなど

カンゴーム(茶水晶)のパワーストーン効果・意味・価値

カンゴーム(茶水晶)とモリオン(黒水晶)、スモーキークォーツ(煙水晶)は名前としてはセットとして覚えてしまったほうが良いと言えるでしょう。いずれもベースは水晶で、微量のアルミニウムが放射線の影響を受けて黒く変色したものです。

その中でもカンゴームはモリオンとの区別は光を当てたときに光が中に透過するかどうかで判別しています。逆にスモーキークォーツは光を当てなくても透明感がある部分ですね、均一になってなくて一つの結晶に全ての要素が混ざり合っているものが殆どです。

混ざり合っているものを好む人もいれば、それぞれの特色がしっかり出ている方が好きという方もいますが、価値的にはそれぞれの特色がしっかり出ている方があるようです。

カンゴーム(茶水晶)の主なヒーリング効果

  • 強いグラウンディング効果
  • 強力な邪気払い
  • 強力な浄化作用
  • ダウジング用途として

カンゴーム(茶水晶)のアクセサリー・アイテム

ブレスレット、原石、丸玉など豊富なアイテムがあります。ただし、黒水晶系は全てそうですが水晶に人工的に照射処理をすることで黒色を作ることが出来ますので、あくまで天然の状態で黒さを求めている場合は原石を手に入れたほうが良いかも知れません。もしくは原石を手に入れてアクセサリーに自分で加工(加工依頼)するかですね。

モリオンのちょっと怖すぎるぐらいの強いイメージが合わない方はカンゴームやスモーキークォーツが良さそうです。

カンゴーム / ケアンゴーム[黒水晶(茶水晶)(くろすいしょう(ちゃすいしょう))]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

高温になる場所での放置は避けたほうが良い

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

カンゴーム / ケアンゴーム[黒水晶(茶水晶)(くろすいしょう(ちゃすいしょう))]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

強力な魔除け、邪気払い

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら