ダイヤモンド(金剛石/こんごうせき)-Diamond

地球上で最も固い「最強」の宝石。永遠の輝き

ダイヤモンド[金剛石(こんごうせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

地球上でもっとも硬い鉱物として、永遠の輝きとして宝石で有名なダイヤモンド。モース硬度で最高硬度の10として扱われる。

名前の由来:「何にも征服できない」を意味するギリシャ語で「adamazein」。そこからラテン語に転じて「adamant(硬い石)」。接頭語「a(否定辞)」を取ってdiamondに変化した。

英語名Diamond
化学組成C
無色透明(黄色、灰色、ピンク、黒などを帯びる)
代表イメージ色カラーコード:#E9EDF2
RGB | R233 G237 B242
HSV | H213 S4 V95
色相:213青
彩度:4
明度:95
硬度10.0 (掲載中順位:1位/171)
比重3.50 (掲載中順位:36位/171)
屈折率2.419
市場価値ダイヤモンドの市場価値 入手困難(一般的な感覚です)
レア度ダイヤモンドのレア度 入門(一般的な感覚です)
鉱物学分類元素鉱物
結晶系立方晶系(等軸晶系)立方晶系(等軸晶系)
へき開四方向に完全
じょうこん無色
光沢ダイヤモンド光沢,脂肪光沢
対応チャクラ
石言葉清純、無垢、永遠の絆、純潔、永久不変
誕生石4月
主な原産アフリカ大陸より多く産出

ダイヤモンドのパワーストーン効果・意味・価値

数ある宝石の中でも、地球上で最も硬い鉱物として重宝されるダイヤモンド、その硬さから永遠の輝き、永遠の絆を象徴してエンゲージリングとして定番。また透明度の高さが「純粋無垢」としてストレスやネガティブな感情の浄化を期待され、健やかな精神状態を保つ効果として期待されている。

ダイヤモンドのヒーリング効果

  • 永遠の絆
  • 精神の安定、ストレス開放
  • 悪霊を祓う
  • 富や財産の引き寄せ
 

ダイヤモンド[金剛石(こんごうせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
----

固さから傷つきにくいが、割れにくいわけではないので注意。やはり落としたりしない付け方で嵌め込んだアクセサリーが良い。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

ダイヤモンド[金剛石(こんごうせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
--

鉱物最強の固さからやはり固い愛情の結婚指輪に最適。光の美しさが持つものの癒やしや力強さにも繋がる。

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら