メタモルフォシス(陰陽石)- Metamorphosis

変容、変革のクリスタル

メタモルフォシス / メタモルフォーゼス[陰陽石(おんようせき)]の基礎データ・鉱物学データなど

ブラジル・ミナスジェライス州のディアマンティーナという町の鉱山でのみ産出される、結晶系を示さずに塊状で、乳白色から乳桃色をした水晶の一種。

名前の由来:メタモルフォシス(メタモルフォーゼス)はクリスタルヒーラーとしても有名なメロディ女史が注目し、名付け親となったブラジル、ディアマンティーナで産出される幻の水晶。ガンマ線を照射することにより、ブラックダイヤのように輝く漆黒に近い色に変化し、そしてゴールドグリーンのオウロベルデクォーツ(Oro=黄金 Verde=緑)に変化することから、「変化・変容」を意味するメタモルフォシス(メタモルフォーゼス)という名が付けられました。

英語名Metamorphosis
化学組成SiO2
乳白色
代表イメージ色カラーコード:#dcdce4
RGB | R220 G220 B228
HSV | H240 S4 V89
色相:240紫青
彩度:4
明度:89
硬度7.0 (掲載中順位:25位/171)
比重2.65 (掲載中順位:103位/171)
屈折率1.544-1.553
市場価値メタモルフォシスの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度メタモルフォシスのレア度 一般(一般的な感覚です)
鉱物学分類酸化鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開なし
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉変容、変革
主な原産ブラジル

メタモルフォシス(陰陽石)のパワーストーン効果・意味・価値

有名なクリスタルヒーラーによってその違いが知らしめられたことで注目度が上がった水晶属の仲間です。そのままだとミルキークォーツと変わりませんが、ガンマ線を照射するとブラックに、更に300度位で加熱するとグリーンゴールドに色が変わるのが特徴で、ここから変容の石として知られています。持ち主に心の変化であったり変容を促す石として特にクリスタルヒーラーに人気が高いです。

メタモルフォシス(陰陽石)の主なヒーリング効果

  • 変容の手助けに
  • 本当の自分をさらけ出したい時に
  • エネルギー浄化作用

メタモルフォシス(陰陽石)のアクセサリー・アイテム

ブレスレットやペンダントなど。そして原石で自然的に変容するのを楽しむというのもありでしょう。ミルキークォーツをメタモルフォシスとして売っている場合もあり、本物を信用して買いたい場合はメロディ女史の真正証明書というものもセットで売っているショップからのほうが良いでしょう。

メタモルフォシス / メタモルフォーゼス[陰陽石(おんようせき)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

水晶族ですので、すべての浄化方法に適しています。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

メタモルフォシス / メタモルフォーゼス[陰陽石(おんようせき)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

変容、変革、変化を求めたい時に

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら