スミソナイト(菱亜鉛鉱)- Smithsonite

子供の頃のトラウマを解消する包容力と慈悲の力

スミソナイト[菱亜鉛鉱(りょうあえんこう)]の基礎データ・鉱物学データなど

結晶化することが稀で珍しい。亜鉛の二次鉱物。一般的には他の鉱物とともに産出。異極鉱(ヘミモルファイト)と類似しているので間違われやすい。

名前の由来:菱亜鉛鉱を最初に見分けたジェームズ・スミソンにちなんで

英語名Smithsonite
化学組成ZnCO3
白、薄青、薄緑、ピンクなど
代表イメージ色カラーコード:#a1c9cb
RGB | R161 G201 B203
HSV | H183 S21 V80
色相:183青緑
彩度:21
明度:80
硬度4.5 (掲載中順位:123位/171)
比重4.40-4.50 (掲載中順位:20位/171)
屈折率1.850
市場価値スミソナイトの市場価値 普通に手に入る(一般的な感覚です)
レア度スミソナイトのレア度 専門(一般的な感覚です)
鉱物学分類炭酸塩鉱物
結晶系単斜晶系単斜晶系
へき開完全
じょうこん
光沢ガラス光沢,真珠光沢
対応チャクラ
石言葉包容力、尽きぬ愛、慈悲
主な原産メキシコ、ナミビア、アメリカ、オーストラリアなど

スミソナイト(菱亜鉛鉱)のパワーストーン効果・意味・価値

世界各地の亜鉛鉱の二次鉱物として産出される、発色性の高い金属イオンを取り込みやすいので色合いは様々。薄青緑が一般的に多く流通しているが、ピンク色やイエロー系まである。いずれにしてもパワーとしては強い癒やし効果があり、特に幼い頃のトラウマ解消にもってこいの石として知られる。

スミソナイト(菱亜鉛鉱)のヒーリング効果

  • 過去のトラウマを癒やす
  • 精神安定効果
  • 気分を明るくする
  • 交友関係を良好にする
  • 空間の浄化

スミソナイト(菱亜鉛鉱)のアクセサリー・アイテム

原石の他、ペンダントやタンブルなど。硬度が低く決して加工しやすいわけではないのでアクセサリー系は本物でも脆かったり、スミソナイトじゃない可能性もある。原石を置いて部屋の浄化と気持ちを整えるのがオススメ。特にトラウマ的な事があって、前向きな行動が出来ないという方はスミソナイトの原石を部屋に置いてみると良い。

スミソナイト[菱亜鉛鉱(りょうあえんこう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
---

長時間の太陽光は水は劣化のおそれあり。表面は傷つきやすい

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

スミソナイト[菱亜鉛鉱(りょうあえんこう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
-----

トラウマの解消に

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら