ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]- Dioptase

深い緑色が心身を癒す

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]の基礎データ・鉱物学データなど

深く鮮やかなグリーンが印象的な石。最初はエメラルドと間違われたほど。ギリシア語の(dia 通す)と(opazein 見える)を組み合せてダイオプテーズ(dioptase 光を通して劈開がよく見える)と名付ける。銅鉱床の酸化帯で硫化物が風化してできる鉱物で、カルサイトの晶洞や石英などに付着して成長。

英語名Dioptase
化学組成Cu6[Si6O18]・6H2O
濃緑色・緑色
代表イメージ色カラーコード:#6BBBB8
RGB | R107 G187 B184
HSV | H178 S43 V73
色相:178青緑
彩度:43
明度:73
硬度5.0 (掲載中順位:114位/171)
比重3.28-3.35 (掲載中順位:44位/171)
屈折率1.650
市場価値ダイオプテーズの市場価値 高めだが手に入る(一般的な感覚です)
レア度ダイオプテーズのレア度 一般(一般的な感覚です)
鉱物学分類ケイ酸塩鉱物
結晶系六方晶系(三方晶系)六方晶系(三方晶系)
へき開完全
じょうこん
光沢ガラス光沢
対応チャクラ
石言葉デトックス、調和、受容
主な原産カザフスタン、ナミビア、コンゴなど

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]のパワーストーン効果・意味・価値

鮮やかなグリーン色が森林を思わせ強力なデトックス効果や心身ともに健全であるように仕向けてくれます。緑色というのはいろいろな意味で使われる色ですが、この石の上品な緑色は気品に満ちていて観賞用として扱われています。

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]のヒーリング効果

  • デトックス効果
  • 心身のバランス
  • 森林浴のような効果

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]のアクセサリー・アイテム

あまり大きな塊が取れず、さらに加工も難しいことから原石のまま鑑賞するほうが人気が高いです。多くはカルサイトの晶洞や石英などに付着していて、その全てを含めて観賞用としてたくさん流通しています。ゴツゴツとした表面になりますのでリングなども売られていますが、あまり向かないなぁというのが率直な印象です。

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]の浄化方法、お手入れ


日光浴

月光浴

 水晶 
(クラスター)

 流水 

 塩 

 燻煙 
(香り)

音・共鳴

土・植物
-----

劈開性があり割れやすい。加工もしにくい。

パワーストーンの浄化やお手入れに関して

ダイオプテーズ[翠銅鉱(すいどうこう)]の目的別おすすめ度・パワー属性


 愛情 
(恋愛)

 金運 
(財力)

 仕事 
(成功)

 健康 

癒やし

魔除け
(邪気払い)

 総合 
------

森林浴のような調和

掲載石のパワーストーン目的対応表一覧はこちら